自宅がジムに早変わり。トレーニングチューブでエクササイズ。

この記事をシェアする
B!

最後に肩や腕のトレーニングをしましょう。

体幹を安定させる

ここでは体幹を安定させるトレーニング方法について調べてみました。

ひも状のチューブを使用します。
肘の高さにチューブトレーニングを柱などに括り付けて固定します。
両足は肩幅に開いて軽く腰を落とします。
両腕を胸の前に合わせてチューブを持ちます。
この時、チューブはピンと張った状態にしておきます。
両腕を合わせたまま腕を前に伸ばします。
この時に、身体が左右にぶれないようにすることが大切です。

この他にも、チューブを足首に撒いた状態でのスクワットやその状態でのカニ歩きなどのトレーニングも下半身を安定させることができます。

チューブのトレーニングでは、正しいフォームで行うことや呼吸が大切なポイントです。
また、腹筋のトレーニングなどでもついチューブの反動を使いたくなりますが、反動を使ってしまうと逆に体を痛めてしまう可能性があるので注意が必要です。

まずは気軽に始めてみよう

チューブトレーニングのいいところは、手軽に始めることができることです。
トレーニングに使用するチューブもスポーツ用品店で購入できるだけでなく、チューブとレッスン本が一緒になったムックなども書店に数多くあります。
また、100円ショップでもチューブを扱っている店もありますので、続くかどうか自信がないという人にはお勧めです。

また、細いチューブ一本で出来るので、トレーニングの場所もとりませんし、持ち運びや収納にも便利です。

トレーニングの種類も実に多種多様です。
ダイエット目的の人。
体の調子を整えたい人。
スポーツ前のストレッチ代わりに。
どんな人にも目的にあったトレーニングが必ずあります。

体力に自信がない人にも、チューブが手助けしてくれるので安心です。
このようにチューブトレーニングとは、老若男女問わず誰でも気軽に出来るトレーニングなのです。