自宅がジムに早変わり。トレーニングチューブでエクササイズ。

この記事をシェアする
B!

トレーニングチューブを始めるには。

ウエスト周りのエクササイズ

身体の気になる部分と言われれば、お腹周りを上げる人も多いでしょう。
昔のスカートが履けなくなった。
なんかお腹がぽっこりしてきた。
お腹は鍛えたいけれど腹筋運動は苦手という人にもお勧めのトレーニングです。
まずひも状のチューブを用意します。
床に仰向けになり、膝より下の足を床と並行にするように両足を揃えて膝を曲げます。
チューブを足の裏に通し、そのままチューブの先を膝の近くで持ちます。
背中を床から浮くくらい上半身を持ち上げます。
そして、そのまま息を整えてこの動作を15回くらい繰り返します。

日頃運動をしていない人ならば、腹筋運動は1回も無理…という人もいるでしょう。
しかし、チューブトレーニングならばチューブを使うことにより、身体に無理なく腹筋運動を行うことができるのです。

腹筋を鍛えて上半身の姿勢をよくします。

いくらウエストが細くなっても、猫背であったり上半身がだらりとしていたら、綺麗なスタイルには見えません。
ここでは腹筋を鍛えることにより、上半身の姿勢をよくするトレーニングについて説明します。

使用するチューブはひも状のものです。
まず足を肩幅の広さに開き立ちます。
次のチューブの中央を背中に回し、そのまま肘を曲げたまま両手を開きます。
この時にチューブはしっかりと張っている長さにします。
肘をまげたままで、両肘が顔の前でつくように両手を動かします。
腕だけでなく姿勢が崩れないように、腹筋にも注意しましょう。
息を止めずに15回繰り返します。

ただ肘を顔の前に出すという動作ですが、チューブという負荷がかかるので上半身に有効なトレーニングとなっています。